ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleが”Androidの次期バージョン”にビジネス利用に特化した新機能などを開発しているという報道

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleが”Androidの次期バージョン”に、企業におけるAndroidの採用を促進すべくビジネスにフォーカスしたセキュリティ機能の開発を行っていると、海外メディアのThe Informationが報じました。同サイトが2名の匿名人物から得た情報として伝えていることは大きく次の4点。アプリの起動に追加の認証を設定できる機能(生体認証を含む)ストレージ暗号化のさらなる強化機密情報等を直接チップ上に保存するための拡張(?)企業のIT機器管理サービスへの対応を強化するための新APIの開発(例えば、会社データのみをリモートで消去する機能を提供するAPI)企業におけるスマートフォンの採用例としてはBlackBerryがまず多く、続いてAppleやSamsungも自社の製品に独自開発のセキュリティ機能を追加するなどして、BlackBerryが得意とするビジネス市場に徐々に侵攻しています。Googleも先行する各社に追従すべくAndroidの機能拡張を施しているのでしょう。”Androidの次期バージョン”というのがKitKatなのか、それとも”L”で始まるコードネームのことなのかは明確ではありませんでしたが、新しいAndroidが発表されるタイミングとしては6月下旬のGoogle I/O 2014がまず挙げられます。その会期中に発表されるかもしれません。Source : The InformationThe Next Web



(juggly.cn)記事関連リンク
ヤフーがイー・アクセスを買収してキャリア事業に参入、「Y!mobile」を立ち上げ予定
HTCが香港でHTC One(M8)を発表、Snapdragon 801 MSM8974AC 2.5GHzを搭載、FDD-LTE Band 1とTD-LTEにも対応
LG、「LG G2 mini」のグローバル展開を発表、今月末より順次発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP