ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

築地の日本料理店が考案したご飯のお伴を、にしおかすみこが絶賛

DATE:
  • ガジェット通信を≫


3月25日の「7スタLIVE」(テレビ東京系、毎週月~金曜午前9時28分)で、お笑いタレントのにしおかすみこさんと料理研究家の浜田陽子さんがご飯のお伴を求めて東京・築地を散策し、「さかな竹若 築地本店」(東京都中央区)を訪れた。

 同店は、いけすがある日本料理店で、「竹若盛り」など魚介類を中心にした料理を提供している。総料理長の津野修一さんがオススメする同店のご飯のお伴は「築地のらあ油 魚介系にんにく」。通販でも扱っている人気商品でネギ、ニンニク、ショウガを炒め、香りを付けたなたね油に唐辛子を加え、さらにフライドガーリックや粉末のかつお節などを加えた「食べるラー油」だ。

 お店では、「まぐろほほ肉石焼飯」というメニューでこの“食べるラー油”が使われている。軽くあぶったマグロを五穀米の上に乗せ、食べるラー油とともに焼いた一品。にしおかさんは、「まず、ほほ肉がおいしい。食べるラー油とゴマダレがかかっているので、最初は甘くて、あとから辛さがくる。絶妙です」と絶賛した。食べるラー油はほかにも、「お刺し身」のつけダレや「じゃがバター」などにも使用されている。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク
ニュースのお店を見る:さかな竹若 築地本店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:築地のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:築地×和食のお店一覧
期間限定「桜スイーツ」 ザ・プリンス さくらタワー東京「桜まつり 2014」で

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP