ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC、8コアプロセッサを搭載した5インチDesireスマートフォン「HTC D616w」を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTC未発表のAndroidスマートフォン「HTC D616W」が中国 工信部の認証を取得しました。新たなDesireスマートフォンです。認証情報によると、「HTC D616W」は5インチ1,280×720ピクセルのTFT液晶と1.7GHz駆動の8コアプロセッサ(MT6592?)を搭載したGSM/WCDMA対応のAndroidスマートフォンです。MWC 2014で発表された「Desire 610」に近い型番を採用していますが、デザイン・スペックは異るので、別機種と考えられます。同イベントで発表された「HTC Desire 816」も8コアプロセッサを搭載しているので、型番末尾に「6」の付くモデルは8コア版と推測されます。認証情報からは上記のほか、Android 4.2.2(Jelly Bean)、1GB RAM、背面に800万画素カメラ、前面に200万画素カメラを搭載していること、筐体サイズは142 × 71.9 × 9.15mmで、質量は150gであること、カラバリにブラック、ブルー、ホワイト、レッド、イエローが存在することも記されています。Source : Tenaa



(juggly.cn)記事関連リンク
米国の携帯ショップ Negriで「Nokia X」の販売が開始
Googleが"Androidの次期バージョン"にビジネス利用に特化した新機能などを開発しているという報道
HTC、「HTC BlinkFeed」を他社のAndroid端末にも提供予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP