ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VIBE、雑誌を記事単位で購入できる中吊り広告のUIを採用した電子雑誌アプリ「中吊りアプリ」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

凸版印刷とバンダイナムコグループのVIBEは3月26日、電子雑誌を記事単位で購入することができるAndroidアプリ「中吊りアプリ」の提供を開始しました。中吊りアプリは、その名前から想像できるように、電車内の中吊り広告のようなユーザーインタフェースで雑誌を探すことができる雑誌購読アプリです。中吊り広告というのはどれもインパクト満載で、何故か魅力的に見えます。その集客性の高さを活用しようとしてこのUIにしたのでしょう。同社によると、雑誌を記事単位で購入できるのは、国内ではこのアプリが初めてとのことです。画面を上下にフリックすると雑誌がめくれて他の雑誌が表示されます。雑誌の記事をタップすると、その記事だけにフォーカスされるので、画面左下または右下のボタンをタップして購入します。アプリは無料で提供されており、記事は50円~で販売されています。アプリには毎日1記事だけどの雑誌の記事でも無料で読める無料チケットが配布されているので、新感覚のアプリを無料で試すことができます。このほか、各種SNSとの連携機能も搭載しています。「中吊りアプリ」(Google Playストア)Source : 凸版印刷



(juggly.cn)記事関連リンク
米国の携帯ショップ Negriで「Nokia X」の販売が開始
Googleが"Androidの次期バージョン"にビジネス利用に特化した新機能などを開発しているという報道
HTC、「HTC BlinkFeed」を他社のAndroid端末にも提供予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP