ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC One(M8)の台湾・香港モデルは2.5GHz駆動のSnapdragon 801を搭載しているという噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月25日に米国・ニューヨークで発表されたHTCの新フラッグシップスマートフォン「HTC One(M8)」の台湾・香港版のプロセッサは2.5GHz駆動だという話が伝えられています。HTCの公式スペックによると、HTC One(M8)のプロセッサ欄には”Qualcomm Snapdragon 801, quad-core CPUs”と記載されており、ニューヨークでは2.26GHz駆動のMSM8974ABを搭載したモデルが披露されました。ただ、スペックシートで「CPUs」としているのは別のプロセッサを使用している可能性を示唆しています。Snapdragon 801シリーズには、2.5GHz駆動の「MSM8974AC」もラインアップされているので、それが台湾・香港版で使用されている可能性があります。台湾ePriceによると、台湾で発売される16GBモデルの価格は21,900台湾ドルとのことです。台湾と香港では3月27日にHTC One(M8)の発売イベントが開催される予定なので、プロセッサが違うのかどうかはすぐにわかると思います。Source : ePrice



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、3月31日より「LTE国際ローミング」を提供開始
HTC One(M8)の一つ「HTC_M8x」は2.5GHz駆動のCPUを搭載
Geanee、9,980円の7インチAndroidタブレット「ADP-706」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP