ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

HTCが2014年のフラッグシップスマートフォン「HTC One(M8)」を正式発表、本日より発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

HTCは米国時間3月25日、米国・ニューヨークでプレスカンファレンスを開催して同社の新フラッグシップスマートフォン「HTC One(M8)」を正式に発表しました。製品名は「HTC One(M8)」とプレスリリース・製品ページに記載されています。コードネームを付けて旧型と区別しています。HTC One(M8)は、昨年発売された「HTC One(M7)」の後継機種で、世界100以上の国と地域、230以上のオペレーターを通じて発売される予定です。発売スケジュールについては、米国とカナダの大手キャリアを通じて米東部時間3月25日午後1時よりオンラインで販売開始となり、Verioznでは店舗でも販売されます。キャリアを除く小売店では4月10日までに順次発売されます。また、HTCによると、HTC One(M8)はオーストラリア、台湾、英国、ドイツ、フランス、中国、米国で4月末までに販売されることになっています。日本での発売予定は明らかになっていません。HTC One(M8)は、前作「HTC One(M7)」の”ゼロギャップ”構造のメタルボディ継承しつつも、側面までもがメタル化され、全体の90%がメタルボディになりました。また、背面を鏡面仕上げにしたことで、よりメタリックな質感の製品に仕上がっています。ディスプレイは4.7インチから5インチに拡大し、操作ボタンがタッチセンサー式からオンスクリーンボタンに変更されました。ディスプレイ解像度は1,920×1,080ピクセル(フルHD)のままです。筐体サイズは146.4 x 70.6 x 9.4mm、質量160g。筐体は前作よりも大きくなって、重たくもなりました(前作は137.4mm×68.2mm×9.3mm、質量143g)。防水・防塵には非対応です。プロセッサはHTCスマートフォンで初めてSnapdragon 801 MSM8974AB 2.26GHzクアッドコアを採用して高速になりました。RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は16GB/32GBで、Micro SDカードスロットも搭載しています(最大128GB)。OSはAndroid 4.4.2(KitKat)を搭載しており、HTC独自のUI環境”Sense”も「Sense 6.0(Sixth Senseとも呼ばれています)」にバージョンアップされました。Sense 6.0ではテーマ機能によりBlinkFeedとシステムアプリのカラーリングが変化するようになりビジュアル的にフレッシュな感じになったほか、Senseアプリもそれぞれバージョンアップされています。また、スリープ状態の画面をタップやスワイプ操作でスリープから復帰させたり、BlinkFeedやロック画面ウィジェットを表示できる「Motion Launchジェスチャー」機能が追加されました。スリープ中に横に向けた状態でボリュームボタンを押すとカメラが起動するなど利便性も向上しています。HTC Oneシリーズの大きな特徴でもある背面の”UltraPixel”は、HTC One(M8)で2つのCMOSイメージセンサーを採用したツインセンサー式に変更されました。デュアルLEDフラッシュ付近のメインカメラは410万画素サイズで、上部の200万画素のサブカメラを利用すると、被写体までの距離をハードウェアで計測することができ、影後に特定のオブジェクトにピントを当てる「UFocus」機能や特定の部分にエフェクトを適用する機能などを実現しています。また、フロントカメラも500万画素にアップグレードされ、より鮮明な写真を撮影することが可能になりました。このほか、前面上下にスピーカーを配置した「HTC BoomSound」スピーカーや電源ボタンの赤外線リモコン(Sense TV)、2つのマイクを使って通話中に周囲の雑音を低減すると共に受話音量を自動で調整してくれる「Sense Voice」なども継承しています(アプリは刷新されました)。ワイヤレス機能はWi-Fi a/ac/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0(apt-x対応)、NFC、DLNA、MHL(HDMI出力機能)、Wireless HDMI(Media Link HD)に対応。HTC One(M8)はLTEにも対応していますが、LTE Category 4対応になり下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsに高速化されました。バッテリー容量は2,600mAh(取外し不可)に増加されました。ソフトウェアの省電力化も行われています。HTC One(M8)のカラバリはアンバーゴールド、グラシャルシルバー、ガンメタルグレーの3色が発表されました。OS:Android 4.4.2(KitKat)、Sense 6.0(Sexth Sense)サイズ:146.4 x 70.6 x 9.4 mm、質量160gディスプレイ;5インチ、解像度1,920×1,080ピクセル(Full HD)、HD Super LCD3、ゴリラガラス3CPU:Qaulcomm Snapdragon 801 MSM8974AB 2.26GNzクアッドコアGPU:Adreno 330 550MHzメモリ:RAM 2GB、内蔵ストレージ 16GB/32GB+Googleドライブ85GB外部メモリ:Micro SD(最大128GB)リアカメラ:約410万画素(メイン)+約200万画素(サブ)「Duo Camera with UltraPixel(裏面照射型CMOS)」、センサーサイズは1/3.06型/2.0μm)、HTC ImageChip 2、レンズ(28mm F2.0)、光学手ブレ補正、HDRムービー、デュアルLED、VideoPic、HTC Zoe、スローモーションムービーフロントカメラ:500万画素(裏面照射型CMOS)、広角レンズ、1080p動画撮影対応、HDR撮影対応対応周波数:-通信機能:Wi-Fi a/ac/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0(apt-x対応)、DLNA、NFC、MHL(HDMI出力機能)、HTC Sense TV(赤外線リモコン)、Wireless HDMI(Media Link HD)バッテリー:2,600mAhセンサー:加速度、ジャイロ、ライト、近接、デジタルコンパス、GPS/GLONASSSIMスロットはNanoSIM規格Source : HTC



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC、「HTC Zoe」と「HTC Fetch」のAndroidアプリをGoogle Playストアにリリース
NTTドコモ、PCブラウザからスマートフォンをリモート操作できる「スマートデータリンク Mobizen」のトライアルサービスを明日3月27日より提供開始
「Moto 360」はリストバンドを交換可能、別デザインのリストバンドも提供される見込み

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。