ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile、当面はウェアラブルデバイスでAndroid Wearを採用せず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleよりウェアラブルデバイス向けのAndroidとなる「Android Wear」が発表されたことで、ウェアラブルデイバイスメーカーは今後Android Wearを採用していく方向に向かっていくと見られますが、これまで復数のスマートウォッチを出してきたSony Mobileは、当面の間はAndroid Wearを採用せずに、独自に作成したカスタマイズバージョンのAndroidの使用を継続していく方針であることがCNETで伝えられています。同サイトによると、今回の情報はSony Mobile米国法人のトップ Ravi Nookala氏へのインタビューで明らかにされました。Nookala氏は、”我々はすでにこのプラットフォーム(カスタマイズ版Android)に多くの時間とリソースを投入しており、今後もそれを継続させていく方針です”と、当面はAndroid Wearではなく独自のプラットフォームで計画を進めていくことを明らかにしました。Sony Mobileは今年のCESイベントで「Smart Wear」構想を発表するなど、今年は昨年以上にウェアラブル市場にも注力する方針です。年内~来年までの計画はAndroid Wearが登場する前から固まっており、開発作業なども一部では進行中だと考えられます。それを全く新しいOSでやり直すことは時間・コストが余計にかかるとともに、これまでの投資も一部が無駄になるので採用を見合わせたのではないかと思います。Source : CNET



(juggly.cn)記事関連リンク
「Moto 360」はリストバンドを交換可能、別デザインのリストバンドも提供される見込み
NVIDIA、Androidゲーム機「SHIELD」のAndroid 4.4.2アップデートを4月2日より実施、4月末までは$199で販売
NVIDIA、Tegra K1を搭載した開発者向け評価ボード「NVIDIA Jetson TK1 Developer Kit」の$192で発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP