ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「OnePlus One」のプロセッサがSnapdragon 801にアップグレード

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

中国のスマートフォンメーカー OnePlusが同社の第1弾スマートフォン「OnePlus One」に搭載するプロセッサを「Snapdragon 801」にアップグレードしました。OnePlusのGoogle+ページのカバー画像にはOnePlus Oneの一部スペックが記載されているのですが、いつの間にか、OnePlusのCEOが言っていた「Snapdragon 800 MSM8974」から「Snapdragon 801」に変わっていました。Snapdragon 801は昨年主流だったSnapdragon 800を改良版です。CPUは32bitのKrait 400コアを4基内蔵しています。CPUクロック数は最大2.5GHz。GPUはSnapdragon 800と同じAdreno 330ですが、クロック数が最大578MHzに高められています(ABモデルは550MHz)。その他、メモリインターフェースは32-bitのデュアルチャネルLPDDR3-1866までをサポートしており、ACモデルはeMMC 5.0規格をサポートしています。Source : Google+



(juggly.cn)記事関連リンク
ZTE、6.4インチスマートフォン「Nubia X6」を正式発表、フロントカメラは1,300万画素でAF対応
カナダのキャリアがHTC One(M8)の製品ページを公開
HTCがホームアプリ「HTC BlinkFeed」と「HTCサービスパック」をGoogle Playストアにリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。