ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初のGalaxy S 5用公式ファームウェアが流出、Sボイスアプリも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy S 5の発売日が迫る中、SamMobileで初のGalaxy S 5用公式ファームウェアが公開されました。今回公開された公式ファームウェアは中国モデルの「SM-G900D」用です。OSはAndroid 4.4.2(KitKat)で、2014年3月12日にビルドされています。また、PDAビルドは「G9009DKEU1ANCC」となっています。公式ファームウェアが出てきたということで、今後、このファームウェアのアプリが個別の配布されたり、中身がGalaxyデバイス用のカスタムROMに移植されたりしていくと思います。ちなみに、音声アシスタントアプリ「Sボイス」が既に配布されていたのですが、残念ながら日本語には対応していませんでした。Source : SamMobile



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、復数の端末で1つのChromecast画面を共有できるChromecastアプリ「Photowall for Chromecast」をリリース
LG、Android Wear搭載スマートウォッチ「LG G Watch」の鮮明な製品画像を公開
LG、LG G Pro 2の「ノックコード」機能をLG G2とLG G Flexに提供すると発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。