ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorola、エンドユーザーに新ファームウェアをテストしてもらう「Test Drive」プログラムの実施を計画、まずはDroid RAZR MのAndroid 4.4.2アップデートから

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorolaは、同社製スマートフォンを利用している一部のユーザーに開発途中の新ファームウェアをテストしてもらう「Test Drive」プログラムの実施を計画しているようです。その案内がメールで送信されていることが判明しました。「Test Drive」プログラムもMotorola Feedback Networkメンバーを対象した内部的な取り組みなのですが、以前より行われている「Soak Test」(アップデート配信テスト)とは別のことです。Motorolaは内部関係者だけではなく、エンドユーザーからもフィードバックを得ることで、新ファームウェアの品質チェックを強化しようとしているようです。現在「Test Drive」プログラムは米Verizonより発売された「Droid RAZR M」のAndroid 4.4.2(KitKat)ビルドで計画されています。このプログラムが開始されると、参加者を通じて新ファームウェアの内容や出来具合が漏れてくるでしょうね。Source : Android Police



(juggly.cn)記事関連リンク
radiko.jp、4月1日より月額350円で視聴エリアの制限が解除される有料プラン「radiko.jpプレミアム」を提供
OnePlus Oneは4月23日に正式発表
root化済み端末向けの動画キャプチャーアプリ「SCR Screen Recorder」に内部からのオーディオだけを録音する新オプションが試験的に追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。