ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Android版「ヤフオク!」の出品機能がリニューアル、「かんたんに出品する」モードや画像の加工機能が追加

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ヤフーがオークションサービス「ヤフオク!」の公式Androiアプリをv4.4.7にアップデートしました。今回のアップデートでは出品機能がリニューアルされています。まずは、出品方法に「かんたんに出品する」が追加されました。このモードは必要最低限の情報を入力するだけなので、出品にかかる時間を短縮できるほか、画像→オークション情報→説明の順にステップ・バイ・ステップで入力できるので、出品の初心者や慣れていない方でも使いやすいと思います。通常の「出品」モードもリスト化された入力項目を順に埋めていくだけというシンプルな構成に変わりました。

次に、アプリ内に商品撮影用のカメラ「ヤフオク!カメラ」が追加され、ヤフオクに適したサイズで撮影することが可能になりました。また、アップロードした画像を出品前の「画像登録」セクションで加工できるようになりました。加工画面では、画像の切り抜きや回転に加えて、手書きまたはキーボード入力のテキストなどを挿入することも可能です。

最後に、「商品説明欄」に入力する文章をテンプレートを用いて簡単に作成することが可能になりました。テンプレートは出品カテゴリ別に用意されていますが、以前の出品で用いた内容もテンプレートとして保存しておき、別の出品で再利用することもできます。「ヤフオク!」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
スマートフォン用アクセサリー専門店「Smart Labo」が東京・秋葉原に10店舗目となる「Smart Labo アトレ秋葉原」をオープン
「OnePlus One」のプロセッサがSnapdragon 801にアップグレード
Sense 6.0ではテーマによってBlinkFeedと標準アプリのカラーリングが変化する

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。