ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上海問屋、4~5インチ画面のスマートフォンをハンドルに固定できるカーステアリング用スマートフォンホルダー「DN-11048」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

上海問屋がクルマのハンドルにスマートフォンを固定できるカーステアリング用スマートフォンホルダー「DN-11048」を発売しました。DN-11048は、クルマのハンドル内側のスペース(クラクションの下など)を活用し、その部分にスマートフォンを固定できるようにするアクセサリーです。ハンドルを戻した場合に画面がドライバーの丁度正面に位置するようになるので、スマートフォンでナビを実行する場合などに、ダッシュボードやサイドボックスに固定するタイプのものよりも見やすく、操作もしやすいと思います。ハンドルを切った場合はスマートフォンの画面も回るので、見づらくなります(ハンドルを切っている最中は見ないと思いますが・・・)。DN-11048のホルダーは4~5インチ画面のスマートフォンを固定できます。同社によると、iPhone 5、Xperia Z1、Galaxy S 4は実際に利用できたとのことです。また、対応車種は普通車と軽自動車とされていますが、車種によってハンドルの形状も違うでしょうから、最終的には実際に装着して確認することになると思います。DN-11048の価格は761円です。Source : 上海問屋



(juggly.cn)記事関連リンク
スマートフォン用アクセサリー専門店「Smart Labo」が東京・秋葉原に10店舗目となる「Smart Labo アトレ秋葉原」をオープン
「OnePlus One」のプロセッサがSnapdragon 801にアップグレード
Sense 6.0ではテーマによってBlinkFeedと標準アプリのカラーリングが変化する

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP