ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Chromecastを接続したテレビや外部モニタを大画面のスコアボード化するAndroidアプリ「Scorecard Caster」が公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Chromecastを接続したテレビや外部モニタを大画面のスコアボード化するAndroidアプリ「Scorecard Caster」がGoogle Playストアで公開されました。Scorecard Casterは、アプリに登録したプレイヤーとそのスコアをChromecastにワイヤレスで転送できるアプリです。スポーツの試合や何かの対戦ゲームの得点をその場にいる全員と共有するのに役立つものとなっています。利用方法は、画面右上の人型アイコンをタップしてプレイヤーを追加し、上下ボタンあるいはメニューの「Set score」で得点を入力します。オーバーフローメニューの「Sort players」をタップすれば得点の高い方から順に自動的に並べ替えてくれます。Scorecard Casterは復数の項目と数字を表示するだけのアプリなので、スコアボード以外の用途にも活用できると思います。アプリの無料版ではプレイヤーを5人までしか登録できませんが、102円の有料版にアップグレードするとその制限が解除されます。「Scorecard Caster」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Motorola、エンドユーザーに新ファームウェアをテストしてもらう「Test Drive」プログラムの実施を計画、まずはDroid RAZR MのAndroid 4.4.2アップデートから
初のGalaxy S 5用公式ファームウェアが流出、Sボイスアプリも
台湾で発売された「Xperia Z2」の開封時の写真

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP