ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマートフォン用魚群探知機「SONA.r Ball(ソナーボール)」が4月に発売へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

CHO&Companyがスマートフォンと連携する個人向け魚群探知機「SONA.r Ball(ソナーボール)」を国内で4月1日に発売すると発表しました。ソナーボールは、直径6.86cm・質量117gのポケットにも入るほど小型の浮き輪型ワイヤレス魚群探知機です。筐体内部にソナー、Bluetoothモジュール、バッテリー(充電式)などが内蔵されており、ソナーが毎秒3回音波を発信し、水中の様子を感知。そのスキャンした魚群画像をスマートフォンにリアルタイムに転送します。使用方法は釣りの種類によって変わってくると思いますが、基本的には釣り糸に結んで投げ、その周囲の状況を調べるという形になります。ただ、Bluetoothを利用するため確認できるのはBluetooth電波の届く15~30mまでとなります。ソナーボールの探知深度は約30m、探知直径は15m。水深と水温の測定機能も搭載しています。 素材はポリカーボネートとシリコンを使用しており、岩などに衝突した場合にも耐える頑強性を備えています。バッテリー駆動時間は6~8時間。対応機種はAndroidとiOS端末。Source : CHO&Company



(juggly.cn)記事関連リンク
Sense 6.0ベースのHTC One用カスタムROM「Sixth Sense」がKDDIのHTC J Oneに移植される
ASUS Zenfoneは台湾と中国で4月上旬に発売
CyanogenModのギャラリーアプリ「GalleryNext」がアップデート、Chromecastなどの外部機器への出力に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。