ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Xposedインストーラーがv2.5にバージョンアップ、LG / Sony Mobile / Meizu端末に正式対応

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

独自のフレームワークと追加モジュールによって標準ではサポートされていない様々な機能を実現できるAndroid版Cydiaこと「Xposed」のインストーラーアプリ「Xposedインストーラー」がv2.5にバージョンアップされました。v2.5での一番の改善は互換性の向上です。これまでのXposedインストーラーはLGとSony Mobileの端末には対応しておらず、有志の方が特定のLG/Sony Mobile端末用に作成してくれるのを待つ必要がありましたが、v2.5でAndroid 4.3以上を搭載したLG・Sony Mobile端末にも対応し、公式版Xposedインストーラーで正常にフレームワークを導入することが可能になりました。また、Android 4.4を搭載した中国Meizuのスマートフォンにも対応しました。v2.5の変更内容は次の通りです。

Rewritten framework installation/uninstallationUses interactive su (via libsuperuser) to provide improved compatibility with different Superuser appsBetter feedback when root access fails (doesn’t freeze the app anymore)Offers installation via custom recovery (CWM/TWRP), either flashing the file automatically or manuallySafemode to disable Xposed with hardware keys to get out of (most) bootloopsCompatibility with Sony/LG ROMs (4.3 and 4.4), Meizu ROMs (4.4)Debug setting to disable resource hooking as a temporary workaround for incompatibilities with some theming engines (not all modules can be used in this mode)

Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
Sense 6.0ベースのHTC One用カスタムROM「Sixth Sense」がKDDIのHTC J Oneに移植される
ASUS Zenfoneは台湾と中国で4月上旬に発売
CyanogenModのギャラリーアプリ「GalleryNext」がアップデート、Chromecastなどの外部機器への出力に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。