ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「半身浴」 健康雑誌編集部が「腰湯」から改名してブレイク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今では美容・健康法として広く知られるようになった「半身浴」だが、元々は異なる名前だった。

 内臓の血液循環を促進し万病の元といわれる下半身の冷えを解消してくれるという半身浴が〈大評判の画期的な新入浴法〉として大々的に紹介されたのは『壮快』1989年3月号。

 西洋医学によって対症療法的に病気を治すのではなく、下半身を温めることで病気を予防することが大事だという、東洋医学専門の医師・進藤義晴氏の主張が取り上げられた。

 下半身を中心に湯に浸かるため、従来は「腰湯」と呼ばれていたが、編集部が「半身浴」と名付け、広く浸透した。

※週刊ポスト2014年4月4・11日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
乳首の先端にある秘密のツボと200才まで長生きするツボ
冷え症 うつや認知症などの精神疾患とも関係ありと専門家談
野球評論家谷沢氏 200本途切れたイチローの下半身を心配

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP