ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アラサー男子「体力年齢」平均は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

することがある。はたして自分の“体力年齢”はいかほどなのか? 参考までに文部科学省が毎年行っている体力・運動能力調査の結果を見てみよう(数値は男子25~29歳、30~34歳の平均から算出。2012年度)。

【大きな図表や画像をもっと見る】

25~34歳の場合、「握力」は47.6kg、助走なしで前にとぶ「立ち幅とび」は2m19.6cm、腹筋運動に近い「上体起こし」は30秒間で26.3回だ。また、膝を伸ばして床に座り、どれだけ上体を前に伸ばせるかを測る「長座体前屈」は42.9cm、いずれかの足が常に地面に着いているように急いで歩く「急歩」(1500m)は11分33秒。20m間隔で平行に引かれたラインを往復し、定められた時間内に2回続けて失敗するまでの折り返しを数える「20mシャトルラン」は61.7回、「反復横跳び」は20秒間で51.41点(それぞれのラインを通過するごとに1点)である。

これらは自宅で計測が可能なものもあるが、特別な器具を必要とするものもある。そんな場合はスポーツジムでカラダについて計測する方法がオススメだ。たとえばティップネスが行っているFMS(ファンクショナル・ムーヴメント・スクリーン)。これは姿勢や基本的な動作から「体をどれだけ効率よく機能的に動かせているか」がわかるシステム。姿勢や動作評価が点数化される。33歳の筆者の場合、姿勢は右肩下がりで猫背とバランス悪し。機能性という面でも足裏が固く、30代前半としては少し悪いという結果に…。

「一般的な20代後半から30代の方で目立つのは肩、足裏、股関節が固いケースですね」(東京体育館ティップネス・金秋達哉さん)

これらはストレッチだけでもある程度、改善可能とのこと。自分のカラダ年齢を知りたい人は訪れてみては?
(高橋ダイスケ)
(R25編集部)

アラサー男子「体力年齢」平均は?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
若返りには「筋トレ」が有効!?
「老化」は30代から加速する?
運動神経は今からでも良くなる?
運動のアンチエイジング効果を検証
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP