体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Augmented realityのLayarがGoogle Glass用「Layar」アプリをリリース

Augmented reality(AR)業界では先駆者的な存在の「Layar」がGoogle Glass向けにARアプリ「Layar for Glass」をリリースしました。目の前の風景にデジタル情報を重ね合わせて現実世界を拡張するARアプリ「Layar」は長年スマートフォンアプリとして提供されてきましたが、メガネ型ARデバイス「Google Glass」に対応したことで、ようやく本領を発揮できるようになりました。Layar for Glassでは、その場の周辺にあるジオタグ付きのスポット情報や写真、3Dアート、ツイートなどを目の前に広がる風景をGlass越しに見ながら確認できるほか、Layar対応のインタラクティブ広告・雑誌の場合、例えば、360度ビューを提供する印刷物だと、”Ok Glass, scan this”と言うだけでLayarアプリが目の前の印刷物をスキャンし、ユーザーは周り見回すような仕草をするだけでパノラマ写真を閲覧できたりします。Source : Layar



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S 5の標準壁紙が流出
Android 4.4.2で刷新されたXperia Z1の純正カレンダーアプリを紹介
HTC M8の発売日は米国でも3月25日。しかし、数週間はVerizon独占らしい

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。