ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やりすぎ?個性派スマホケース5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホの主流化にともない、家電量販店などでは数多くのスマホケースが発売されている。そんななか、「ちょっといきすぎじゃ…!?」「誰が買うの!?」と思うような斬新なデザインのケースが急増中!

【画像や図表を見る】

そこで、編集部厳選の“変わり種スマホケース”をご紹介!

●「目玉焼きパンのケース」(Hameeストラップヤ/3990円)
目玉焼きをのせたトーストを半分に切ったデザインのケース。この商品のすごいところは、トーストと目玉焼きのリアルさ! こんがりと焼けたトーストと黄身がとろけそうな目玉焼きは見ているとお腹が減ってくるほどのクオリティ! また、この商品、半分のトーストで左右に分かれているので、家族や恋人とおそろいで持つと1枚のトーストにできちゃいます。

●「プチプチ」(Hameeストラップヤ/2100円)
イライラした時につぶすとスッキリするあの“プチプチ”が付いたスマホケース。1回つぶして終わりではなく、何度でも楽しめる優れモノ。しかも、プチプチを開発した川上産業公認の商品なので、つぶし心地も文句なしだ。ストレスの多い現代人にとってはうれしい逸品!?

●「スポ電」(geodesign/1344円)
普段よく目にする食器洗い用スポンジを、スマホの形にくり抜いたような斬新なデザイン。電話をする時に顔に当たる表部分には柔らかい素材が使われているが、それ以外は普通のスポンジなので、お皿だって洗えちゃうのだ! 色はピンクとイエローの2色展開!

この他にも、食品通販会社が作った本物のせんべいで作られたスマホケース「サバイバルせんべい」(楽喜/3818円)なんてものも発見! 災害時には、なんと非常食としても活用できるものらしく、賞味期限は3カ月だそうだ。しかし、残念ながら現在は生産をしていないとか…。

それにしても、スマホケースはいつからこんなに実用性を度外視した(!?)商品展開になったのか? 上記の「トースト」や「プチプチ」など多くの変わり種スマホケースを製造・販売している「Hameeストラップヤ」の藤森さやかさんに聞いた!

「ここ1年ほどでスマホケースの傾向は大きく変化しました。スマホが出始めた頃は、本体を保護することだけがケースの役割でしたが、最近は話のネタになったり、周りの人を驚かせたりできるような商品が求められていますね。それに、変わり種ケースも実用性がないというわけではないんです。普通のケースに比べて凸凹があったり、大きな飾りが付いていたりと、立体的なものが多いので、スマホが手から滑り落ちにくいんです。お客様からは『意外と手になじむ』という声が多いですよ」

またHameeでは、「今まで誰も見たことがないようなケースを作りたい!」という思いから、なぜかケースに“手”の模型をくっつけた「ナミの手」なる商品まで作ってしまったそう。

「実はこの“手”の模型は、ナミさんという当社の社員の手型をとって作ったものなんです。スマホを持った時に、ケースの“手”と自分の手が重なるようにできているのですが、よりリアルに『手と手が重なる感覚』を味わってもらえるよう、手のしわや爪の形状、柔らかさまでこだわって作りました。ご購入いただいたお客様の中には『リアルすぎて気持ち悪い…』という意見もありますね…(笑)」

ほめられてないじゃないですか!(笑)

「でも、我々にとっては最大のほめ言葉ですよ(笑)。最近のケースは、持つ人の趣味嗜好を表すものになっていると思うので、これからもより個性が主張できるような商品を開発していきたいですね」

アナタも、スマホケースで個性をアピールしてみては?
(キンモク星司/short cut)
(R25編集部)

やりすぎ?個性派スマホケース5選はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
プチプチし放題のスマホケース
送別に◎なオリジナルスマホケース
「ご当地スマホケース」とは?
親指と小指で通話が出来る手袋
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP