ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

就活生の大きな勘違い 面接は「自分を売り込む場」ではない

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「いらっしゃいませ~! 今日は、どのようなものをお探しですか? 実はさっき、こんなジャケットが入荷したんですよ。素敵でしょう? この色。きっとお似合いですよ。いまなら少し割引するので、ぜひ買ってくださいね!」

初めて入った洋服屋さんで、いきなり強引に商品を売り込まれたら、どう思いますか? 「うるさいなあ。二度と来るもんか!」と思うのではないでしょうか。

こちらの事情を知ろうともしない人から、相手の都合で一方的に売り込まれたら、誰だって嫌になります。それが人間の心理というものです。それなのに、なぜ採用面接の場で、就活生は人が嫌がる「売り込み」をするのでしょうか。(河合浩司)

「アルバイトは何を?」と聞いただけなのに
それは、就活本や就活サイトに、当たり前のように「面接は自分を売り込む場です」と書かれているからです(試しに検索してみてください)。しかし、採用の現場にいる私からすると、これは明らかに誤った認識です。面接は「自分を売り込む場」ではありません。

不幸なことに誤った情報を刷り込まれた就活生は、「アルバイトは何かしていましたか?」と質問を受けたら、どんな返答をするのでしょうか。下記は、実際に私が実際に就活生からされた返答です。

「はい! 私は3年間、居酒屋でアルバイトをしてきました。このアルバイトを通して、継続力とコミュニケーション能力を身につけることができました。継続力は、3年間続けてきたことによります。今までやり始めて続いたことがなかったのですが、社会人になるには継続力が必要だと考え、大変な時もありましたが、挫けずに続けてきました。コミュニケーション能力は、ホールスタッフを担当することで、様々なお客様と接する中で身につけました。年齢も職業も違う方々との会話を重ねることが、成長に繋がりました。これらの力を活かして、ぜひとも御社で活躍したいと思っております!」

彼は一気にまくしたてた後、満足げな顔をしていました。しかし、残念ながら私には不信感が募っていました。なぜなら、私は「アルバイトは何をしていたの?」と聞いただけなのですから……。

にもかかわらず、就活生は一方的に自分の話をしただけです。その挙句、「御社で活躍したい」と結んでいますが、関連性がよく分かりません。伝えたい情報や意気込みは分からないではないのですが、正直な本音を言えば「この人は身勝手だなあ」という感覚しか私には残りません。

質問したことに対して適切に答えてくれない人は、聞き手の期待をはぐらかしているように感じてしまいます。このような返答をしてしまう原因は、おそらく「面接は自分を売り込む場なんだ」という思い込みから来ているのでしょう。

会話は「キャッチボール」で進むもの
面接とは、正しくは「会話をする場」です。会話を通じて、お互いが相手の人となりを把握しようとするのです。会話は、キャッチボールをすることで進むものです。どちらかが一方的に話すのは、もはや会話ではありません。面接担当者からすると、勝手に全部話されてしまうと、質問することがなくなってしまいます。

とはいえ、「聞かれたこと以外は答えるな」というわけではありません。「アルバイトは何かしていましたか?」という問いに対して、「はい」だけでは会話が広がりません。たとえば、このような感じでいいのです。

「アルバイトは何かしていましたか?」
「はい、今も居酒屋でアルバイトをしています」
「長く続けているんですか?」
「大学に入ってからなので、もう3年になります」
「がんばっておられますね」
「ありがとうございます」
「3年も続けていると、いろいろ学ぶことがあったと思います。このアルバイトを通して、学べたことは何かありますか?」
「そうですね。いろいろありました。一番の学びは……」

面接担当者が「心地良いテンポで会話をしてくれる人だなぁ。この人ともっと話してみたいな」と思えたら、面接は合格となります。「面接は会話をする場」という認識をもって、必要なレベルで「会話」というボールを投げ返してください。面接担当者は、就活生とのテンポの良いキャッチボールを楽しみにしています。

【プロフィール】河合 浩司(かわい・こうじ)
上場企業のメーカーで人事課長を務める、採用業務15年超のベテラン。学生たちの不安を煽って金を儲ける最近の就活ビジネスを批判し、ペンネームでのツイッター(@k_kouzi7)やウェブコラムを通じて「自然体の就活」を回復するよう呼びかけている。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP