ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LenovoもXiaomi HongmiやHuawei Honor 3Xに対抗して1,000元未満の8コアスマートフォンを中国で発売へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のPCメーカー Lenovoも中国で人気の高い高性能ながらも1,000元未満のコストパフォーマンスに優れたAndroidスマートフォンを発売するようです。Lenovoは中国 Weiboの公式ページを通じて、「黄金斗士(Gold Fighter)S8」という新機種の発売予定を明らかにしました。発表された2モデルはどちらも、5.3インチのLTPS液晶(ゴリラガラス3、OSGタッチパネル)、MediaTek T6502 8コアプロセッサ、背面に1,300万画素カメラ、前面に500万画素カメラを搭載し、筐体は厚さ7.9mmの薄型設計で、デュアルSIMにも対応します。価格は、1.4GHz CPU/1GB RAM/8GB ROMを搭載した通常モデルが788元(約13,000円)、1.7GHz CPU/2GB RAM/16GB ROMを搭載した上位モデルが988元(約16,200円)です。Source : Weibo(Lenovo)



(juggly.cn)記事関連リンク
言葉を写真と一緒にテキストで残せるXperia用のカメラアプリ「ボイスバルーンフォト」を試す
The All New HTC One(M8)の純正ケースが発表前に米国のキャリア店舗に入荷
Galaxy TabPRO 10.1のSuper AMOLED版?「SM-T805」がGFX Benchmarkサイトに登場

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP