ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Immersive Full-Screen Mode : Android 4.4.x(KitKat)の「Immersiveフルスクリーンモード」をroot化不要で全アプリに適用できるAndroidアプリ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

この記事では、Android 4.4.x(KitKat)に搭載されている「Immersiveフルスクリーンモード」機能をroot化不要で全アプリに適用できるAndroidアプリ「Immersive Full-Screen Mode」を紹介します。アプリは有料(142円)です。Immersiveフルスクリーンモードとは、AndroidアプリのUIを画面全体を使って表示する機能です。基本的にはアプリの対応によって利用できる/できないが分かれてくるですが、今回紹介する「Immersive Full-Screen Mode」アプリを利用すると、アプリの対応によらず全てのアプリでImmersiveフルスクリーンモードを有効にすることができます。Immersiveフルスクリーンモードは、画面を広く使うことができるので、特に電子書籍や写真ギャラリー、WEBページ、ゲームの利用には最適です。「Immersive Full-Screen Mode」アプリで「Immersive Mode」をONすると、システム全体に渡ってImmersiveフルスクリーンモードが有効になります。Immersiveフルスクリーンモードは通知パネルのショートカットからON/OFFできるので、ほぼ全てのアプリで、アプリを起動した時に有効/無効を切り替えることもできます。アプリの機能はこれだけではありません。「Auto Enter List」を利用すると、チェックを入れたアプリを起動したときだけImmersiveフルスクリーンモードが有効になるので、基本は無効、特定のアプリだけ有効にすることが可能になります。逆に「Black list」を利用すると、チェックを入れたアプリを起動中はImmersiveフルスクリーンモードが無効になるので、基本は有効、特定のアプリだけ無効にすることが可能になります。「Immersive Full-Screen Mode」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
LG G Pro 2のノックコード機能はLG G2にも今後のアップデートで提供される予定
全国のバイク駐車場・駐輪場を検索できるWEBサイト「全国バイク駐車場案内」のスマートフォン版が公開
Twitter、公式Androidアプリのベータ版に特定のフォローユーザーのツイートを独立したタイムラインで閲覧できる「お気に入りユーザー」新機能を追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。