ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Google Playストアの「新機能(What’s New)」セクションの内容をアプリのバージョン(Production、Beta、Alpha)ごとに変更できるようデベロッパーコンソールをアップデート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleは3月20日、Google Playストアのアプリページの「新機能(What’s New)」セクションの内容を、アプリのバージョン(Production、Beta、Alpha)ごとに変更できるようデベロッパーコンソールをアップデートしたと発表しました。Google Playストアでは、通常の製品版(リリース版)に加えて、アプリのテスト目的に事前に申し込んだユーザーを対象にアルファ版またはベータ版を提供することも可能になっています。これまでのアプリページに登録できる文章は全てのバージョンに適用されていましたが、今回の変更でアプリのバージョンごとに内容を切り替えることが可能になりました。つまり、製品版を利用している方には製品版の変更内容を、アルファ・ベータを利用している方にはそれぞれのバージョンの変更内容を知らせることが可能になります。Source : Google Support



(juggly.cn)記事関連リンク
LG G Pro 2のノックコード機能はLG G2にも今後のアップデートで提供される予定
全国のバイク駐車場・駐輪場を検索できるWEBサイト「全国バイク駐車場案内」のスマートフォン版が公開
Twitter、公式Androidアプリのベータ版に特定のフォローユーザーのツイートを独立したタイムラインで閲覧できる「お気に入りユーザー」新機能を追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP