体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

憂歌団ギタリスト・内田勘太郎の新アルバムは〈圧倒的〉インスト作! ヒロト、横山健らからコメントも

 

 

憂歌団のギタリストである内田勘太郎が、5年ぶりのフル・アルバム『DES’E MY BLUES』をタワーレコードの自社レーベル〈TOWER RECORDS〉より5月21日にリリースすることが決定しました! 

内田勘太郎 『DES’E MY BLUES』ジャケット画像

内田の〈圧倒的なアルバムを作る〉という想いのもとに産み出された本作は、〈唄のアルバム〉として発表された前作『サマータイムブルース』とは対極の、全曲インストゥルメンタルのみで構成した作品に。彼の代名詞とも言える国産ピック・ギター〈Chaki(チャキ)P-1〉を使ったスライド・ギターの音色で独特の世界観が存分に味わえる一方、ライヴでのメイン・ギター〈K.YAIRI(ヤイリ)〉で奏でられる“渚のボードウォーク”など、メロディックな楽曲が彩りを加える内容となっており、本人自ら〈DES’E MY BLUES≒これが俺のブルースだ〉と断言するブルース・アルバムに仕上がっています。なお、今回のアルバム発売に合わせ、Ken Yokoyama、斉藤和義、フジファブリックの山内総一郎、DEPAPEPEの三浦拓也らからコメントが到着。こちらもぜひチェックを!

内田は今後ソロや憂歌団、木村充揮(憂歌団)とのデュオである憂歌兄弟として精力的にライヴ活動を展開予定。詳細は随時オフィシャルサイトにてお知らせします。お楽しみに!

 

〈内田勘太郎 『DES’E MY BLUES』収録曲〉
・一陣の風 (作曲:内田勘太郎)
・出立 (作曲:内田勘太郎)
・ソウステップ (作曲:内田勘太郎)
・歩く (作曲:内田勘太郎)
・大潮 (作曲:内田勘太郎)
・渚のボードウォーク (作曲:RESNICK ARTHUR、YOUNG KENNY)
・幸せ小僧 (作曲:内田勘太郎)
・夕暮れ (作曲:内田勘太郎)
・南国夜 (作曲:内田勘太郎)
・VIOLA LEE BLUES (LEWIS NOAH)
・モーガンフィールド (作曲:内田勘太郎)
・Too Young (作曲:DEE SYLVIA、LIPPMAN SIDNEY)

 

甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ) コメント

悶絶! 悶絶! また悶絶!! 
ボトルネックに乗っかって 天国 地獄  行ったり来たり
こいつを爆音で鳴らしながら 日々の不満やら エロいことやら 叫ぶのだ!!
コレで キミも ブルースマンだ!!

 

Ken Yokoyama コメント

1回目に聴いた時、最初の数曲はなにか…怒鳴られてるようでビビった。正直言って、怖かった。
〈なんで日本で生まれ育った人がこんな音出せるんだろう? なにがどうしてこうなるんだろう?〉って思った。

2回目に聴いた時、中盤から後半にかけての軽やかさが気持ちよかった。
〈もしかしたら、今の日本っていう国を可聴化したらこういうことなのかもしれない。必然かもしれない〉って思った。

1 2 3次のページ
タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会