ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SamsungがSIMカードスロット付き「Gear 2」を韓国で発売するという噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SamsungがMWC 2014で発表された新型スマートウォッチ「Gear 2」に音声通話機能を追加した別モデルの発売を計画していると韓国メディアのKorea Heraldが計画を知る人物からの情報として報じました。同サイトのSKテレコム側の情報元によると、SamsungはMWC 2014で発表されたGear 2にSIMカードスロットまたは回線加入者を特定できるモジュールを組み込んだ別モデルを開発しており、韓国SKテレコムを通じて発売することを計画しているそうです。スマートフォン化したGear 2ということです。また、開発されている別モデルは本体にフロントカメラを搭載しており、ビデオ通話を行なうことも可能とのことです。スマートウォッチのサイズを考えれば、携帯電話の機能を追加することで搭載される部品点数は大幅に増え、構造もより複雑になります。なんといっても、着信を常時待ち受けることになるのでバッテリー消費にも大きな影響を与えることでしょう。そのため、バッテリー容量も増えて本体サイズはMWC 2014で発表されたものよりも大きくなるとみられます。Source : Korea Herald



(juggly.cn)記事関連リンク
Gear 2とGear Fitの台湾での販売価格が判明、Gear 2は8,990台湾ドル(約30,100円)、Gear Fitは5,990台湾ドル(約20,100円)
HTC M8の実物写真がまた流出、今度はGalaxy S 4やLG G2、Xperia Z1などと並べたり積んだりして撮影
Android Wearを搭載したスマートウォッチ「Moto 360」はBT4.0対応のAndroid 4.3以上の端末で利用可能、充電はワイヤレスで行なう

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。