ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国 OPPO、5.5インチ2Kディスプレイを搭載した新フラッグシップ「OPPO Find 7 / Find 7a」を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国 OPPOは3月19日、中国・北京で行われた同社の新製品発表会で新フラッグシップスマートフォン「OPPO Find 7」を正式に発表しました。Find 7は、ジャパンディスプレイの製造した5.5インチ2,560×1,440(WQHD)のLTPS液晶を搭載した大画面・高解像度スマートフォンです。画素密度は現時点で世界最高の538ppiを実現しています。Find 7の特徴としては、1,300万画素のリアカメラ(Sony IMX214 CMOS、6層のF2.0レンズ搭載)と「Pure Image 2.0」と呼ばれる独自のハードウェア&ソフトウェアソリューションによって、写真の画素数を5,000万画素にまで拡張できるところです。リアカメラでは動画の4K撮影や720p@120fpsのスローモーション再生も可能となっています。Find 7の主要スペックは、Android 4.3ベースのColor OS 1.2、Snapdragon 801 MSM8974 2.5GHzクアッドコアプロセッサ、3GB RAM、32GB ROM(Micro SDXC 128GBまで対応)、前面に500万画素(F2.0レンズ)を搭載。バッテリー容量は3,000mAhで、わずか30分で75%充電可能な急速充電にも対応しています。ワイヤレス通信機能はWi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、NFC、GPSなどに対応しています。Find 7の筐体サイズは152,6 x 75 x 9.2mm、質量は170g。対応周波数は、中国モデルがGSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(850/900/1900/2100MHz)、FDD-LTE(B1/B3/B7/B20)、TD-LTE(B40)。米国・メキシコモデルがGSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(850/900/1700AWS/1900/2100MHz)、FDD-LTE(B1/B4/B17)。インドネシアモデルがGSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(850/900/1900/2100MHz)。Find 7には低価格バージョンの「Find 7a」もあります。Find 7aは、5.5インチ1,920×1,080ピクセルのLTPS液晶、Snapdragon 801 MSM8974AB 2.26GHzクアッドコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM、2,800mAhバッテリーを搭載しています。Find 7の発売スケジュールは、まずは3月20日午前10時よりFind 7aが中国で発売されます。価格は2,998元です。Find 7の発売時期は公表されていませんが、3,498元という価格は公表されています。Source : OPPOPC Home



(juggly.cn)記事関連リンク
UQのWiMAXサービスが名古屋市営地下鉄全線で利用可能に
ZTEは新たなスマートフォンブランド「Red Bull」のローンチを計画
Android「Viber」がv4.3にアップデート、ステッカーの利用が簡単に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP