ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、「ARROWS A 101F」のソフトウェアアップデートを開始、スリープ状態からボタン操作復帰しない問題に対処

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは3月19日、富士通製Androidスマートフォン「ARROWS A 101F」のソフトウェアアップデートを開始しました。今回はAndroid 4.1バージョンにおける不具合解消を目的としたアップデートです。101Fのスリープ状態からボタンを押しても画面が復帰しない事象が改善されます。更新ファイルは端末単体でダウンロード可能です(3G/Wi-Fiどちらでも可)。101Fの設定メニューを表示後、「その他の設定」→「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」よりアップデートを即時実施することもできます。アップデート後のソフトウェアビルドは「V25R42B」となります。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
Amazon独自開発のAndroidスマートフォンは年内発売が確実
NTTドコモ、国際MMSサービスを6月30日をもって提供終了
UQのWiMAXサービスが名古屋市営地下鉄全線で利用可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP