ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビックカメラ、Intel Atom Z2580を搭載した7.9インチAndroidタブレット”インテル、はいってる”タブレットを発表、3月20日より予約受付開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビックカメラは3月19日、Intel Atomプロセッサを搭載した7.9インチAndroidタブレット”インテル、はいってる”タブレット「SI01BB」を4月下旬に発売すると発表しました。なお、ビックカメラ.comでは3月20日午前10時より予約受付が行われます。価格は26,040円(税込み)です。”インテル、はいってる”タブレットは同社オリジナルの製品です。厚さ8.5mmとスリムで質量380gの軽量なボデイに、7.9インチ(画面比4:3)のIPS液晶ディスプレイ、Intel Atom Z2580″Clover Trail+” 2.0GHzデュアルコアプロセッサを搭載。OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)。その他、2GB RAM/16GB ROMを搭載。Wi-Fi b/g/nに対応。バッテリー容量は4,000mAhという情報が公開されています。フルスペックは公開されていませんが、この内容で25,000円程度というのはけっこうお買い得な気がします。Source : ビックカメラ



(juggly.cn)記事関連リンク
UQのWiMAXサービスが名古屋市営地下鉄全線で利用可能に
ZTEは新たなスマートフォンブランド「Red Bull」のローンチを計画
Android「Viber」がv4.3にアップデート、ステッカーの利用が簡単に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP