ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ソフトバンクのAndroid搭載スマートフォン『HTC Desire』発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
HTC Desire

ソフトバンクモバイルは、AndroidOSを搭載したスマートフォン『HTC Desire』を4月下旬に発売します。最新のAndroidOS 2.1を採用し、3.7インチのマルチタッチ有機ELディスプレーに1GHzの高速CPU『Snapdragon』を搭載する製品です。

Googleが提供する『Androidマーケット』からアプリケーションを入手可能。『Gmail』『Googleマップ』『YouTube』などGoogleのサービスを利用できるほか、最新のAndroid 2.1により、『Google Earth』の音声検索や、タッチ操作で反応する動く壁紙『ライブ壁紙』に対応します。

カスタマイズ可能なユーザーインタフェース『HTC Sense』を搭載し、7コの画面にさまざまなウィジェットやアプリケーション、メニューアイコンなどを配置できます。アドレス帳やメール、ミニブログ『Twitter』などSNSを連携させ、それぞれの更新情報をリアルタイムに表示する機能や、メッセージを複数のSNSへ一斉配信する機能にも対応。

『Flash Player』は、最新の『Flash Lite 4.0』に対応。Action Script 3.0で記述したプログラムが動作可能になる模様です。

『HTC Desire』主な仕様
通信方式:W-CDMA方式(国内)、W-CDMA方式、GSM方式(海外)
サイズ:W60×D11.9×H119mm
連続通話時間:約390分(W-CDMA)、約400分(GSM)
連続待ち受け時間:約360時間(W-CDMA)、約340時間(GSM)
ディスプレー:約3.7インチWVGA(800×480ピクセル)有機EL(最大6万色)
カメラ:有効画素数約500万画素、CMOS(AF対応、LEDフラッシュ)
外部メモリー:microSDHCカード(2GB同梱)、最大32GB
外部接続機能:Bluetooth Ver 2.1+EDR、無線LAN(IEEE 802.11b/g)、microUSB
カラー:ブラウン

■関連記事
シャープからau向けAndroid搭載スマートフォン『IS01』発売へ
NTTドコモ、日本市場向け新モデル『ドコモ スマートフォン Xperia』を発売へ
Googleケータイ『Nexus One』が『ヤフオク』で値崩れ開始

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。