ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Tizenベースのウェアラブルデバイス向けソフトウェア開発キット「Tizen SDK for Wearable 1.0.0b1」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungは3月17日、Tizenベースのウェアラブルデバイス用のソフトウェア開発キット「Tizen SDK for Wearable 1.0.0b1」の配布を開始しました。今回リリースされたSDKは、MWC 2014で発表されたGear 2やGear 2 NeoといったTizen OSをベースに開発されたウェアラブルデバイス向けのアプリを開発するためのものです。Tizen SDK for Wearableは既存のTizen SDKと同様に、Ubuntu(32bit/64bit)、Windows 7(32bit/64bit)、Mac OS Xに対してインストーラーまたはSDKイメージの形式で配布されており、Tizen Developerサイトよりダウンロードできます(Tizen SDK for Wearable 1.0.0b1がリリース版)。Source : SamsungTizen Developerサイト



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、音楽聴き放題サービス「dヒッツ」において4月1日より「myヒッツ」機能を追加した月額500円の新コースを提供開始
Google、欧州8カ国でNexus 5とNexus 7(2013)の販売を開始
OPPOが「OPPO N1」の5インチ小型版(N1 mini)を開発しているという噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP