ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人間性が出る!? NGな“お箸”の使い方とは

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 日本人の食事には欠かせないお箸。
 でも、あなたは自分が正しくお箸を使えていると思いますか?
 知っているようで知らないお箸の使い方をレクチャーしてくれるのが『箸の持ち方――人間の価値はどこで決まるのか?』(適菜収/著、フォレスト出版/刊)です。
 本書によると、「箸使いには人間性のすべてが表れる」そう。
 一体どういう持ち方が正しいのでしょうか。

■お箸のマナー違反とは
 本書では、誤った箸の持ち方が蔓延していることに警鐘を鳴らしています。
 お箸のマナー違反を確認してみましょう。

・食器の上に箸を渡す「渡し箸」
・箸で食器をひき寄せる「寄せ箸」
・箸で料理をつく「刺し箸」
・箸でかき分けて料理をさぐる「さぐり箸」
・箸先を口でなめる「ねぶり箸」
・箸でかき込んで食べる「かき箸」
・箸をつけたものを食べずに置く「空箸」
・箸先から汁を垂らす「涙箸」

 などなど。ほかにも口に入れたものを押し込む「込み箸」、ご飯の上に突き立てる「突き立て箸」、骨越しに下の魚を食べる「すかし箸」など、挙げればきりがありません。

■正しい箸の扱い方
 では、正しい箸の扱い方とはどのようなものでしょうか。
 それはズバリ、科学的にみても、食べ物を正確につまんだり、落とさないで口まで持っていったりすることができる「合理的」な使い方。
 伝統的なお箸の持ち方は、実はもっとも合理的な持ち方だといいます。

●箸の持ち方
(1)一方の箸を鉛筆と同じように持つ
(2)薬指と親指の間にもう一本の箸を通して固定する
※動かすときは下の箸は動かさずに、鉛筆のように持つ部分を動かします。

●箸の取り方
(1)箸を右手で持ち上げる
(2)左手を箸の下に添えて支える
(3)右手を右側に滑らせながら返して持つ

●箸の置き方
(1)左手を箸の下に添えたら、右手を箸の右上まで滑らせる
(2)左手を離す
(3)右手で箸置きに静かに置く

 ちょっとした会合などの席で、お箸が正しく使えるとかっこいいですよね。お箸を正しく持って、ステキな大人を目指しましょう。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
お月見は元々農耕儀礼だった!知っているようで知らない日本の年中行事
「運命の出会い」を引き寄せるしぐさ
知っているようで知らない“日本の風習”

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP