ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カスタムROM「Paranoid Android」に新たな通知システム”Peek”が実装される、スマートウォッチの利便性をAndroidの通知で再現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

CyanogenModベースのカスタムROM「Paranoid Android」の開発チームが”Peek”というコードネームの下で新たなAndroid用通知システムを開発していることを発表しました。”Peek”はまだParanoid Androidに実装されておらず、スクリーンショットや動作映像も公開されていないので、その詳細は不明なのですが、同チームは”Peek”をスマートウォッチのような利便性を提供することを設計思想として開発したと述べています。”Peek”では端末が通知を受信すると、ポケットからの取り出しやテーブルからの持ち上げといった端末の動きを検知する待ち受けモードが開始され、通知を受信してから10秒以内にそのような動きを検知すると、受信した通知が(MotorolaのActive Displayのように)ミニマルUIで画面上に表示され、通知をタップまたはスワイプするだけでロック解除&アプリの起動を行なえるとされています。更新:本日より配布されているParanoid 4.2 Beta1に実装されています。Source : Google+



(juggly.cn)記事関連リンク
ドコモ版Galaxy S 5(SC-04F)はSM-G900Fベースの端末
HTC M8は英国では3月25日より発売開始
AmazonアプリストアでAndroid版「ファイナルファンタジーIV」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP