ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、「Google Play開発者サービス v4.3」のリリースを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleは3月18日、Google Mobile Servicesに対応したAndroid端末のほぼ全てに搭載されている重要なアプリ「Google Play開発者サービス」の新バージョンv4.3のリリースを発表しました。v4.3の主な変更内容は、従来はスタンドアロンのAPIとして提供されてきた「Google Analytics API」と「Google Tag Manager」がGoogle Play APIファミリーに追加されたほか、フォーム等の住所欄の記入を容易にする「Address API」が新たに追加されました。また、既存の「Google Play Games」にはGoogle+サークルの友人やオンラインのユーザーにゲーム内のアイテムをプレゼントできる「Game Gifts」に対応。また、「Drive API」には、ピン操作やフォルダへのファイル追加、ファイルの変更通知機能にアクセスできる新機能が追加されました。v4.3で追加されたAPIや機能はGoogle Play開発者サービスアプリの配信完了後にダウンロード可能になる「Google Play services SDK」から利用できます。Source : Android Developers Blog



(juggly.cn)記事関連リンク
ウェザーニュース、公式Androidアプリで桜の開花状況を地図上で確認できる「さくらシミュレーター」を提供
Galaxy S 4を用いて製作されたルービックキューブロボ「CubeStormer 3」が3.253秒でルービックキューブを解き世界記録を更新(動画あり)
友人に会った際に通知を発行する新機能が今後Google Nowに実装される予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP