ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NHKお天気アナ「7時28分の妹」は魔法少女 局内の評判上々

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7時28分の妹は“魔法少女”だという。NHK『ニュース7』のお天気お姉さん・岡村真美子(30)が「かわいすぎる」と評判だ。

「7時28分の妹」という呼び名は、同番組で夜7時28分から気象予報が始まることによるもので、「7時28分の恋人」と呼ばれた“先輩お姉さん”の半井小絵(なからい・さえ=41)がこの名を広めた。岡村は半井と入れ替わる形で2011年4月から同番組の週末の気象予報を担当し、2012年4月からは平日の担当に移った。なぜ“魔法少女”なのか。
 
「天気予報図の星空マークと、予報図を指し示す棒が重なり魔法の杖のように見えたことから、ネット上で“魔法少女”として話題となりました。目がくりっとした小動物のような顔つきで、身長は151センチと小柄。30歳にはとても見えない愛らしさがファンの心をつかんだようで、恋人というよりは妹、娘といった感じ。

 週末担当時代から密かに人気が出ていたものの、平日担当になって以来、注目度は高まる一方です。ルックスはもちろんですが、彼女の場合、異色の経歴にも関心が寄せられている」(女子アナウォッチャー)
 
 岡村は、山梨県甲府市生まれ。フルート奏者の母の手ほどきを受け、2歳でピアノを始めた。国立音楽大学を卒業し、気象予報士事務所のウェザーマップに就職。気象予報士の傍ら、現在もピアニストとして活動を続けている。局内での評判も上々だ。
 
「天真爛漫なキャラクターでスタッフ受けもいい。局側もその人気を認識しており、今年のNHK気象予報士のカレンダーでも集合写真で“センター”を担当させた。その扱いはアイドル級ですよ。

 人気に目をつけた雑誌からグラビアのオファーが殺到しているものの、やはりグラビアはNGだとか。お天気キャスターはフリーが起用されるため、NHKニュース番組の中では冒険できるキャスティング枠。岡村が“魔法少女”キャラとして注目されるのは局としても狙い通りなのでは」(NHK関係者)

※週刊ポスト2014年3月21日号

【関連記事】
有働由美子アナが髪切る 「ことは単純でない」とNHK関係者
男性は星野源がモテる理由が分からない だが、女性はわかる
テレ東大橋未歩がリベンジ 「私を落とした大手局の皆様へ」

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP