ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男性向け家事教室が急増中 全行程を一人で作るクラスも人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫も家事ができれば、妻はもっと出かけられるし、万一寝こんでも安心だ。それに何より、卒婚への第一歩にも。最近は団塊の世代の男性も堂々と家事を習い、趣味として楽しむ人が増えている。

 結成14年目、平均年齢72才。男性だけで活動中というのが、市川メンズ家事クラブ。

「市の講座がきっかけで発足しました。“男だってできる”をモットーに、料理、アイロンがけ、車いすの実習など内容は多岐にわたります。年末は日本ハウスクリーニング協会に依頼し、洗剤の使い分けなども学びました」(同クラブの北村亨さん)

 料理が活動の主になるが、買い物も自分たちで行う。

「私自身、スーパーでの買い物は弁当ぐらいで、食材の場所はもちろん、産地や値段の選び方もわかりませんでした。健康管理、奥さんの手助けなど入会のきっかけは多様です。女性の大変さを改めて知り、家事全般を少しでも手伝うようになった人は多いです」(北村さん)

 実際、会員からはこんな生の声が挙がっている。

「妻が介護に行く日に料理を。肉じゃがは娘が絶賛!」(井上恭延さん)

「パンを作ると最近は孫が持って行ってしまい、ご近所に配れません」(石川湊一さん)

「掃除も含め、家事は計画的に集中してやっています」(一ノ瀬秀夫さん)

「体調に合うサラダを作ります」(齋藤裕治さん)

「妻と買い物に行ったり、食器は自分で洗うように」(大坪哲生さん)

「妻に料理の質問をするなど、夫婦の会話が増えました」(彦坂直宏さん)

 また、全行程ひとりで作るクラスが人気なのは、銀座クッキング。

「奥さんを通して申し込むかたも。全工程をひとりで調理するクラスは、“洗い物ばかりで包丁にさわれない”ことはありません。エプロンの着方、買った野菜は洗うかなど、思いもよらぬ質問も飛び交いますが、皆さん熱心。男性は論理的に説明すると納得し、段取りがよくなる印象です」(講師の菅原和恵さん)

 最初は台所を汚したり、買い物に時間がかかるが、それでもほめてあげることが長続きの秘訣。

「包丁はパンしか切ったことがない生徒さんも、半年後には家族や友人にブイヤベースをふるまったそう。釣り好きな人は魚専門のクラスを受講するなど、料理は競争がないので、夫婦共通の趣味としてもぴったりです」(菅原さん)

※女性セブン2014年3月27日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
買い物難民の現状や買物支援、各地の取り組み等を紹介した本
買い物帰りのYURIちゃんと街角でバッタリ 素敵な笑顔だね
中国人 日本のティッシュ・黒烏龍茶・ベビースターが好き

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP