ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

合コンから“オタクアカウント”管理まで使い方無限大! 連絡先交換アプリ「iam」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今までは「電話番号とメールアドレス教えて」で良かった連絡先交換も、今ではLINE、Twitter、Facebook、SkypeにInstagramに自分のブログに……と複数のアカウントが。それを一発で交換出来たら楽チン。なおかつ、「職場」「友達」「サークル」と交換したい情報を分けられたら、とっても便利ですよね。そんな、あったらいいなを全て兼ね備えた連絡先交換アプリ「iam」が誕生。早速使ってみました。

カードを作ってみる


例えば、「友達」なら電話番号、プライベート用メールアドレス、Facebook、住んでいる地域などを追加。「取引先」なら仕事用メールアドレスや会社の電話番号などを登録。オリジナルの項目も作れます。


カラーバリエーションも豊富で、カードのデザインも変更出来るので自分の好きな様にカスタマイズ。これでカードは完成です! どんな使い方をするかはあなた次第。例えば、

■合コンで……合コンの時に行う連絡交換。電話番号とアドレスだけじゃなく、SNSアカウントも一気に交換出来るので、合コン後に「この人趣味合う!」なんて次のデートにつながりやすいかも?

■オタ友と……職場の人や友人には知られたく無いオタつぶやき用裏アカウント、コスプレサイトのURLなどは「オタク用」カードで管理。イベントやオフ会で知り合ったオタ友とは、そのカードを交換する。

■ママ友と……今時のママ友はLINEのグループで情報交換。LINE IDと電話番号を登録したカードを「○○ママ」とお子さんの名前で登録しておけば便利そう。

カードを交換してみる


カードが出来たら早速交換してみましょう。連絡先の追加のやり方はID検索、Twitter/Facebookからなど色々。


交換したいカードを選んで追加しましょう。


この「iam」の便利な所は、一度カードを交換してしまえば、相手が情報を追加/変更した時も自動的に更新されるということ。一つのサービスだけでつながっていて、そのサービスがクローズしてしまったから困った! なんて経験した人もいるはず。「iam」ならそんな心配とも無縁です。また、プロフィールカードを交換した相手のFacebookとTwitterへの投稿を「iam」でまとめて読む事ができる、Timeline機能も新登場。各SNSを都度立ち上げなくて良いのは嬉しいですよね。

春は出会いの季節。「iam」を使って効率的な連絡先交換を! 3月31日まで連絡先を交換した人の中から500名に2,000円のギフトカードが当たるキャンペーンも実施中。今すぐ無料ダウンロードを。

連絡先交換アプリ「iam(アイアム)」
https://www.iam-app.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。