ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これがOnePlus Oneの筐体デザイン?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のスマートフォンメーカー OnePlusの第1弾スマートフォン「OnePlus One」のスケッチを撮影した写真がBGRで公開されました。BGRはこの写真の出どころを明らかにしていないので、実際のOnePlus Oneを描いたものなのかは定かではありません。画像によると、OnePlus Oneの筐体はスクエア型の形状となっており、背面はややカーブしています。前面はほぼ完全にフラットな形状で、物理的なボタン等は見られません。背面のカメラ周りの形状はどことなくOPPO Find 5に似ていますね。また、スケッチには“AL unibody”や“cam deco AL” といった素材や構造を示す文字も記されています。シャシー・ケースはアルミユニボディ構造で、一部にポリカーボネイト素材を使用しているようです。OnePlus Oneのハードウェア仕様については、5.5インチ1,920×1,080ピクセルのJDI液晶ディスプレイSnapdragon 800プロセッサ3,100mAhバッテリーを搭載することが同社CEOより明らかにされています。また、ディスプレイサイズは5.5インチながらもXperia Z1よりスリムで、さらに画面占有率はNexus 5の72%よりも高いとされています。Source : BGR



(juggly.cn)記事関連リンク
米Verizon向け「LG Lucid 3(LG-VS876)」のプレス画像が流出
Galaxy S 5韓国キャリアモデルの実物写真
Google、Google WalletのNFC決済"Tap & Pay"機能を4月14日よりAndroid 4.4(KitKat)以上のみでサポート、Android 4.3以下では利用不可に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP