ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、目の不自由な方の生活や行動を支援・補助するGalaxy Core Advance専用ツール3種類を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungは3月14日、同社のAndroidスマートフォン「Galaxy Core Advance」と連動させることで目の不自由な方の生活や行動を支援・補助するGalaxy Core Advance専用ツール3種類の発表しました。1点目の「Ultrasonic Cover」は、超音波を用いて前方の人物や物体を検知して、ユーザーに振動や音声フィードバック機能で伝えると同時に接触から避けられるよう誘導も行ってくれるというGalaxy Core Advance用ケースです。この製品では前方2mまでの物体なら検知可能とされています(具体的にどのようにフィードバックするのは明記されていません)。2点目の「Optical Scan Stand」は、スタンドの上部に備えられているホルダーにGalaxy Core Advanceをセットすると、その真下に置いた書類をカメラが認識して紙面に書かれている文字などを自動的に読み上げてくれるというものです。このスタンドは目の不自由な方だけではなく、健常者の方にも役立つものになる気がします。3点目の「Voice Label」はNFCタグのようなもので、Galaxy Core Acvanceにかざすことで端末側の専用ノートアプリが起動し、音声の録音を開始するというものです。これも録音操作をダイレクトに行えるという点で健常者にとっても役立つツールになるのではないかと思います。Source : Samsung



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung SM-G3858はプロジェクター内蔵スマートフォン?
Chromecastは、英国では3月19日に、フランスでは3月25日に発売されるらしい
ZTE、3月25日に北京で「Nubia X6」の発表イベントを開催

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP