ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

誰でも稼げるサイト&ゲームが話題に!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ドル箱で遊べるゲーム

昔は怪しいイメージがあった「ネットで副業」や「お小遣いサイト」。しかし今は、企業運営で安全、ちゃんと稼げて完全無料、しかもゲームで稼げるという噂のサイトがあるらしい…今回はそんな夢のようなお話をお届け。

そのサービスは『ドル箱』というサービスだ。本ならブックオフ、イーブックオフ、ゲームDVDならeでじ!!、ソフマップドットコムという風におなじみの店舗が並んでいる。そして嬉しいことに、ショップのポイントとは別にドル箱ポイントが貰えるのだという。その還元率は最大30%。

ポイント

貯まったポイントは300ポイントから使うことが可能で、1ポイント1円換算だ。つまり1000ポイントなら1000円分ということになる。現金のほか、Amazonギフト券やネットマイル、Bit Cash Exなどの電子マネーへの交換も可能となっている。ここでオススメのショッピング店舗を紹介したい。

オススメショッピング紹介
そんな『ドル箱』の中からオススメのショップを抜粋

<総合ショップ>
・楽天 …… 1%
・Yahoo!ショッピング …… 2%
・Yahoo!オークション …… 1%
・ネットプライス …… 4%

<本・電子書籍>
・e-BOOK OFF …… 5%
・電子貸本Renta! …… 7%
・ビーケーワン …… 4%
・楽天ブックス…… 1%

<家電・DVD・ミュージック・ゲーム>
・iTunes Store …… 4%
・ソフマップ …… 2%
・ビックカメラ …… 2%
・ヤマダ電機 …… 1%

<デパート・スーパー>
・東急百貨店 …… 5%
・伊勢丹 …… 2%
・イオン …… 1%
・セブンネットショッピング …… 3%
・ダイエー …… 2%

<ファッション・インテリア>
・無印良品 …… 3%
・ベルーナ …… 15%
・RyuRyu …… 15%
・ZOZOTOWN…… 2%

<旅行・レジャー>
・じゃらんnet …… 100P
・一休.com …… 1%
・電子チケットぴあ …… 0.7%
・ニッポンレンタカー …… 252P 

以上の様にみなさんがご存じの店舗がずらりと並んでいる。もちろん上記はほんの一部で総数約1万店舗も存在し、そういった店舗からもポイントがゲット出来る。上記の例で言えば普通に『iTunes Store』で楽曲を購入するよりこの『ドル箱』経由で購入した方がグッとお得なわけだ。まさに“塵も積もれば山となる”的なサイトである。またショッピング以外にもバナークリックや、アンケート回答、ゲームサイトの会員登録等でも100~3,000ポイント(100~3,000円分)程、カード申し込みやFX口座開設では、1回で10,000ポイント(10,000円分)以上貰える。

ドル箱

最後に、ドル箱の最大の特徴である、稼げるゲームを紹介しよう。
ドル箱にはユーザー同士でゴールを競うスゴロク、1人で遊べるカジノや、大富豪・花札等の対戦ゲームまでそろっている。どのゲームも一切課金はなく、完全無料だ。

一人用
・ガチャガチャ
・すごろく
・カジノ(スロット・ルーレット・ポーカー・ブラックジャック・バカラ)

みんなで遊べるゲーム
・花札
・大富豪
・リバーシ(オセロ)
・麻雀(β版)
※ゲーム通貨はカジノチップ、大富豪チケットなどゲームによって異なる。

これらゲームで貯めたゲーム通貨はポイントに交換することも可能だ。

今まで知らなかった人はどれだけポイントを損していたのか悔やまれそうなくらいの高還元サイト。今からでも遅くないので登録してみよう。
ちなみ2月の一位のユーザーは、492,605ポイント。現金なら50万円近く稼いでいる。ここまでは厳しいとしても、無料で小遣い程度でも稼げるなら使わない手はないだろう。

ドル箱

■最近の注目記事
原宿竹下通りが大パニック! 「Hey! Say! JUMPが来る」とデマが流れたのが原因?
コミケスタッフの名言集 「辛い事があっても立ち止まらないでください!」
任天堂の新携帯機種『ニンテンドー3DS』の噂まとめ 発売日は今年のクリスマス?
AKB48板野友美のブログが大荒れ! テレビ番組『逃走中』が原因か?
辻ちゃんがメロンパンを作ったよ! あれ、焼く前と別物に……

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。