ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ネット環境」整備の節約ノウハウ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月を前に、新生活の準備をしている人も多いだろう。初めての一人暮らしとなるとやるべきことはいろいろあるが、何はさておき整備したいのはネット環境。引っ越しに伴う様々な手続きもネットを介したほうが早い。

【画像や図表を見る】

だが、一口に「ネット環境の整備」といっても、選択肢はいくつかある。プロバイダーと契約して自宅にネット回線をひくパターンもあれば、WiMAXのような無線通信網を利用する選択肢もある。あるいはモバイルルーターを利用する手もある。いずれにせよ、4月からの消費増税を控え、なるべく費用を抑えたいところ。そこで、毎月の通信料を抑えるべく、財布にやさしいネット環境整備のTipsをまとめてみた。

【自宅固定回線派の人向けのTips】
〇プロバイダーの乗り換えキャンペーンを利用
…引っ越しのついでに一度見直すべきは、プロバイダー。ずっと使いっぱなしで変更していない人も多いが、実はプロバイダーの乗り換えキャンペーンを利用すると、数千円~1万数千円相当のキャッシュバックや一定期間の無料優遇を受けられるケースが多い。

〇スマホとセットの割引プランを利用
…スマートフォンと自宅の固定通信サービス(電話・ネット)をセットで契約することにより適用される割引プランが存在する。例えば、「auスマートバリュー」では、auスマートフォンを利用(※対象料金プランの申し込みが必要)し、かつ自宅の固定通信サービスを「auひかり」にすると、auスマートフォンの利用料金が最大2年間、毎月1410円割引になる(※詳細条件は「auスマートバリュー」サイトにてご確認下さい)。

【自宅も無線回線派向けのTips】
〇MVNOサービスの格安SIM利用でテザリング
…MVNOサービスとは仮想移動体通信事業者の略。自社で通信設備を持たず、他社設備を借りてサービスを行う会社のこと。MVNO各社は格安データ通信SIMを提供しており、料金はおおむね月額1000円弱。これらのSIMを「SIMフリー端末」に挿して、テザリングによってインターネットを行うという方法。通常、キャリアとスマホの契約をすると、月額料金は7000円前後になるケースが多いため、格安であることは間違いない。ただし、データ通信容量の制限や設定のややこしさなどもあり、使い勝手には劣る面も。

〇スマホ+Wi-Fiルーターの割引で安価に
…固定回線でないけど、データ通信量も気にせずサクサク使いたいという人には、スマホ+Wi-Fiルーターの割引プランがオススメだ。例えば「auスマートバリューmine」なら、auスマートフォン(※対象料金プランの申し込みが必要)と指定のWi-Fiルーターをセットで契約することにより、スマホの月額利用料金が最大2年間、毎月943円割引となる。(※詳細条件は「auスマートバリューmine」サイトにてご確認下さい)。

これらのキャンペーンは、期間限定で行われているケースも多いので、チャンスを逃さないよう気を付けたい。また、自分の利用しているプランを検索すると、契約時にはなかったキャンペーンが登場していることもある。新生活を始める人でなくても、増税前に一度チェックしてみると良いだろう。(山田登/考務店)
(R25編集部)

「ネット環境」整備の節約ノウハウはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
ドライブデートに!「道の駅」5選
2020年スマホは自販機で買う?
スマホ「お得クーポン」活用のコツ
ファブレットはどんな人にお薦め?
増税に備えて!スマホ料金見直し法

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP