ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ZTE、1.3GHzクアッドコアプロセッサを搭載した5インチスマートフォン「ZTE Blade L2」を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ZTEが”Blade”シリーズの新モデルとみられる「ZTE Blade L2」を開発していることが判明しました。”Balde”シリーズは2010年より販売されているZTEのエントリー市場をターゲットにした製品の中でも人気のある製品シリーズです。その最新モデルが今回の「ZTE Blade L2」になります。Bluetooth SIGの認証情報によると、「ZTE Blade L2」は5インチディスプレイ、1.3GHzクアッドコアプロセッサ(MediaTek製?)、Android 4.2を搭載しています。また、Bluetooth規格の認証はv3.0で取得しています。Source : Bluetooth SIG



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S 4 Zoomの後継?「SM-C115」は4.8インチHDディスプレイ、1.3GHzヘクサコアプロセッサ、1.900万画素カメラを搭載
Android版「Facebook」がアップデート、コメントへの写真添付や写真アルバムの編集などに対応
HuaweiもAndroidとWindows PhoneのデュアルOSスマートフォンを発売する計画?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP