体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

南波志帆とねごとが競演! 〈ZANSHING SUN FES vol.3〉終演後インタヴュー公開

 

 

タワーレコードとSPINNSによる共催ライヴ・イヴェントで、女性シンガーの南波志帆がゲスト・アクトを迎えツーマン・ライヴを繰り広げるライヴ・イヴェント〈ZANSHING SUN FESTIVAL @ 原宿ASTRO HALL Presented by TOWER RECORDS × SPINNS〉。ここでは、ねごとをゲストに3月4日に東京・原宿ASTRO HALLで実施した第3回終了後のインタヴューをお届けします! 

 

(photo by 後藤壮太郎)

 

〈ZANSHING SUN FESTIVAL vol.3〉公演終了後インタヴュー

【南波志帆】

南波志帆(photo by 後藤壮太郎)

 

●〈ZANSHING SUN FESTIVAL vol.3〉はどうでしたか?
お客さんも凄く温かくて熱い方が多く、皆が手を挙げたりクラップしてくださって一緒にライヴを作ってる感じがして〈今ライブしてる!〉と実感しました。熱すぎて湯でダコみたいになっちゃいました(笑)

●印象に残った所を教えてください。
今回のセットリストは4曲連続で盛り上がる曲を並べるなど自分の中で〈攻め〉を意識して考えたのですが、ナンバンドも自分も行き切ったな!と。リハの時からイメージはしていたのですが、それ以上に客席の盛り上がった光景が凄いステキで…皆が本当に楽しそうにニコニコしながら見てくれて、その笑顔が本当にキラキラしていて、いい景色でした。

●今後どうザンシンな事をやっていきたい?
沢山の方が付いて来て下さって協力して下さってという状況なので、もう一つ大規模な感じのザンシンフェスが出来たらいいなって夢が膨らみました!
あと、書道パフォーマンスで〈残心〉を完成させたいですね。今〈残〉で終わっちゃっているので〈心〉で完結させたいです(笑)

●〈ZANSHING SUN FESTIVAL〉にかける思いを聞かせてください。
公私共に交流のあるバンドの方々との共演だからこそ出せる空気感…一味も二味も違うように思います。お互いのいい所を見せたいという気持ちが相乗効果を生んで、お客さんも一緒に巻き込むことが出来てきたのかなと。ザンシンフェスならでは、魅力だと思います。
ザンシンな事がやりたいという思いから始まったザンシンフェスですが、
自分でも凄く手応えがあって、これからの自分が前進するきっかけを気付かせてくれました。ザンシンフェスを開催して良かったなと思います。

●最後にメッセージをお願いします。
・お客様へ
YOU達最高だった!!!
本当に素敵な時間を作ってくれてありがとうございました! これからもなんばります!

・ねごとへ
世界観も曲も人柄も好きで、高校時代とか聞きながら通学したりしていた、憧れの存在だったねごとさんと2マンという形でご一緒出来て、背筋も伸びました。皆さんと一緒に“カロン”を共演できたのは、本当にもう…墓場まで持っていく思い出になりました。
次こそは晴れの日にクレープ食べましょうね!!!

 

〈ZANSHING SUN FESTIVAL vol.3〉公演終了後インタヴュー

【ねごと】

ねごと(photo by 後藤壮太郎)

 

1 2次のページ
タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy