ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Chromecast本体も日本語に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Chromecastのファームウェアがいつの間にか日本語化されていました。今朝、ChromecastのAndroidアプリが日本語に対応したことを紹介しましたが、本日よりChromecast本体に配信されている「16041」ビルドのアップデートによって、Chromecatの待受画面に表示されるテキスト等が上図のように日本語に変わりました(以前は英語表示でした)。Chromecast本体とコンパニオンアプリの日本語対応が完了したということで、日本での発売にも期待されるところです。Chromecastの発売国拡大については、GoogleのSandar Pichai氏が今週日曜に米国で開催されたSXSWイベントで近く米国以外でも発売する予定だと述べていました。Source : Chromecast



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「MEDIAS LTE N-04D」と「MEDIAS TAB N-06D」のソフトウェアアップデートを開始、G-SHOCKとのペアリング問題に対処
Galaxy S 5のプリインストールアプリの一部が流出
Sony Mobile、中国移動向けにTD-LTEをサポートした「Xperia Z2(L50t)」を開発

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP