ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小米科技(Xiaomi)の第2世代Hongmiスマートフォン? 5.5インチ8コアスマートフォン「2013122」と「2014017」が中国で認証を取得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のスマートフォンメーカー 小米科技の新モデルとみられる「2013122」と「2014017」が中国 工信部の認証を取得しました。今回認証を取得した2機種はGSM/TD-SCDMA方式に対応した中国移動モデルとなります。筐体デザインやCPUクロック周波数以外の仕様が共通した内容なので、この2つは同一機種と考えられます。共通する点は、5.5インチ1,280×720ピクセルの液晶ディスプレイ、Android 4.2.2(Jelly Bean)、8コアプロセッサ、1GB RAM、背面に1,300万画素カメラ、前面に800万画素カメラを搭載することと、筐体のサイズが154 × 78.7 × 9.45mm、質量が192gであるところです。「2013122」(1枚目の画像)は最大1.7GHz駆動のCPUを搭載する一方、「2014017」(2枚目の画像)は最大1.4GHzのCPUを搭載しています。1.4GHz駆動の方は低価格モデルという位置づけの端末なのでしょうか。この2機種は同社の低価格モデル「Hongmi」の第2世代モデルで、今年4月に発表されると予想されています。Source : Tenaa



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「NAVITIME」に屋内ルート案内機能と屋内地図機能が追加
人気タレント「ベッキー」の公式Androidアプリがリリース
Nexus 7(2012)のファイルシステムを「F2FS」に変更してストレージ性能を高める方法が公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP