ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コナンで故・永井氏の伝説回再放送

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1996年からテレビ放送されている人気アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ系)。その約20年におよぶ歴史のなかで名作のひとつに挙げられる「図書館殺人事件」の回が、3月15日にデジタルリマスター版で再放送されるとして、ネット上で注目を浴びている。

【画像や図表を見る】

同回が最初に放送されたのは、1997年。当時小学生だった視聴者は、現在20代の大人に成長しているわけだが、この回は当時放送を観ていた人たちに“トラウマ”を残すほど怖い回だったとされているのだ。

その理由は、同回に登場する米花図書館の館長・津川というキャラクターにある。最初は、穏やかな口調と物腰の優しい年配男性という印象を持たせるこの津川。しかし、ストーリーが進むにつれてだんだんと狂気的な一面を見せていき、アニメ版においてはホラー感漂う効果音で彼の登場シーンが演出されたため、少なからぬ幼い視聴者を恐怖のどん底に陥れたのである。

そんな同回が再放送されるとあり、ツイッターには、

「津川館長楽しみだな~」
「津川館長の話をSNSで実況できる日が来るとは…」
「来週のコナンは津川館長だよwwww
伝説の津川館長wwまじこれはホラー」
「来週、神回の津川館長キターーー」

といった放送を待ち望む声が多数書き込まれている。

そして、この津川というキャラクターの声を担当したのは、2014年1月に亡くなった『サザエさん』の波平役で知られる声優の永井一郎氏。ファンたちにはこのことも広く知られており、

「永井さんの伝説回!!」
「犯人の津川館長役はなんと永井一郎さんですから絶対見ましょう」
「来週のコナン津川館長回というのはやはり永井さんへの追悼の意もあるのかな……」

といったツイートも多く見られる。

放送日には、テレビの前で怖がりながらも釘付けになる子供たち、そして昔を懐かしむ大人たちも多くいることだろう。
(R25編集部)

コナンで故・永井氏の伝説回再放送はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
波平さんの声優死去で続々哀悼の声
波平そっくりさん登場でネット騒然
サザエさん神回「全自動卵割り機」
貞子風髪型でサザエさんまた神回?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP