ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日当3万円〜?! AV女優の労働条件とは

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 ここ最近、数多くのバラエティ番組に出演し、一般タレントのように脚光を浴びるAV女優を目にすることも多くなった。
 これまでのAV女優といえば、一般的にはあまりメディアには出てこない存在だったが、AVのタレント化という現象の中で、現在のAV女優はより華やかなイメージを持ちつつあるように思える。
 しかしながら、AV女優は決して「稼げる」仕事ではない。そんなAV女優の実態を切り取っているのが2012年5月に出版された『職業としてのAV女優』(中村淳彦/著、幻冬舎/刊)だ。著者は『名前のない女たち』シリーズで著名なフリーライター・中村淳彦氏。
 ここでは本書から抜粋して、AV女優の労働条件を紹介したい。

■AV女優の3つのランク分け
 AV女優には「単体」「企画単体」「企画」という3つのランク分けがある。これはプロ野球でいうところの1軍、2軍、育成のようなもの。AV女優はこの3つのどのランクに属するかで、出演料はじめ仕事をするうえでの扱いが全く異なるという。以下、それぞれのランクについて解説したい。

(1)AV界のアイドル候補「単体」
 「単体」とは主役として一本のAV作品を作ることができ、名前や存在でヒットが見込める女優のこと。単体女優は特定のメーカーと本数契約を結ぶのが普通で、デビューが決まると大々的に告知されて売りだされる。「AV女優=お金になる」というイメージは単体女優から来ているようだが、実際のところ単体女優はごくごく一握りの存在である。

(2)AV界を支える「企画単体」
 「企画単体」とは、メーカーと契約をするわけではなく、大々的に売り出されることもないが、単体と同じく1本のAV作品で主役が張れる女優のこと。ギャラは単体とは異なり、日当である。現在はほとんどのAVメーカーはこの企画単体を軸に作品をリリースしている。

(3)名前を必要とされない「企画」
 「企画」とは無名であり、自分ひとりの女優力では販売が見込めない女優のこと。企画女優は本編に名前が出ることは基本的にない。痴漢、人妻、痴女、SM、レイプ、ナンパ、スカトロなどといった、女優の名前を必要としない様々なジャンル出演している。ギャラは企画単体と同じく日当。アルバイト感覚で仕事をしているAV女優のほとんどは、この企画に属している。

■意外とシビアなAV女優の労働条件
 AV女優は経験がないほど価値が高いとされ、AV出演を経験するほど価値は下がっていくことが多い。そのため、AV女優には身を切り売りしながら「延命」しつつ仕事を続けるという側面があるという。

 中村氏は単体・企画単体・企画それぞれのAV女優のギャラを算出している。
 それによれば、単体女優は一本あたり100万〜250万円(芸能人、元芸能人は除く)。次に企画単体女優は30万〜80万円(1日当たりの日当)、そして企画女優は15万〜25万円(1日当たりの日当)ほどになるという。
 しかし、中村氏によれば、企画女優の手取りギャラは3万円ということもあるという。応募で採用されるAV女優の8、9割が企画女優である現在、AV女優の現実は予想以上に厳しそうだ。

 こうして見てみると、AV女優業界の過酷さが見えてくる。
 中村氏によると、AV女優になるために求められる外見や内面のクオリティは年々上昇し続けている一方で、労働量は増え出演料はさらに低下していくことが予想されるという。
 「職業は現実を知ってから選ぶべきである。」――著者はそうつづって本書を締めくくる。職業という視点でAV女優をみてみると、まったく別の面が見えてくるはずだ。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
女流官能小説家が教える 男性が陥りがちなセックスの“誤解”
女性がカラダを許すときの“OKサイン”とは?
イマドキの女性はどんなセックスをしているのか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。