ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ガラケーの出荷台数がスマホを上回ったという集計結果 その理由は

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


JEITAは国内メーカーによる1月の携帯電話の出荷台数が前年に比べて8.5%増えたことを発表。出荷台数は201万5000台で内訳はスマートフォンが92万4000台、ガラケーが102万1000台となった。

JEITAの発表によると「スマホは通信費が高いため、従来型の携帯電話に戻す動きも出ている」とコメント。

しかしこの集計は国内メーカーの携帯電話を対象としたもので、米アップルの『iPhone』や韓国サムスンの『Galaxy』、LGのスマートフォンなどは含まれていない。そんな集計結果に「iPhoneが含まれない集計に意味があるのか」、「日本でiPhoneが普及しているのに」、「Xperia勝ってしまう」という声が挙がっている。

上記の92万台に『iPhone』、『Galaxy』などの出荷台数を足せばスマートフォンの方が普及していることになる。

調査対象メーカーとしては、NECインフロンティア、NECカシオモバイルコミュニケーションズ、カシオ計算機、京セラ、シャープ、ソニーモバイルコミュニケーションズ、パナソニックモバイルコミュニケーションズ、日立国際電気、富士通、セイコーインスツル、ナカヨ通信機、日本無線の12社の携帯電話、スマートフォン、PHSを販売しているメーカー。

なお別のIDC Japanによる調査では『iPhone』や『Galaxy』も含めている。

2014年1月移動電話国内出荷実績

※画像はJEITAのウェブサイトより引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。