ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“GFXBench”の開発元がRenderScriptを利用したAndroid向け新ベンチマークアプリ「CompuBench RS」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3Dグラフィックスベンチマークアプリ「GFX Bench」の開発元がRenderScriptを利用したGPGPUベンチマークアプリ「CompuBench RS」をリリースしました。「RenderScript」はGPUを用いて3Dレンダリングや演算処理を行なうためのAPIで、Honeycomb(APIレベル11)以上のAndroidがサポートしています。ハードウェアアクセラレーターを利用した3描画や画像処理等を行なうアプリなどで用いられます。その性能を測定できるのが今回の「CompuBench RS」です。アプリの利用方法はGFX Benchとほぼ同じです。アプリトップページの「Start All」をタップしてテストを実行し、1,2分後に表示される結果を同サイトのサーバにアップロード。アプリ内で他のAndroid端末とスコアを比較すると、RenderScriptの実行性能の優劣を確認できます。「CompuBench RS」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Androidの今後のアップデートで性能をさらに改善することを約束
HTC M8の内部資料が流出、製品のアピールポイントが判明
Android版「Instagram」のアプリUIがフラットデザインに刷新

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP