ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女優・北川弘美が帰省時によく訪れるという老舗・京うどん店

DATE:
  • ガジェット通信を≫


3月9日の「ドラGO!」(テレビ東京系、毎週日曜午後6時)で「落語家と行くめん街道ドライブ」企画の第10弾を行い、林家たい平さん、林家木久蔵さんと京都出身の北川弘美さんが「おかきた」(京都市左京区)を訪れた。

 一行は、北川さんが帰省すると必ず立ち寄るという京うどん店「おかきた」を訪れた。平安神宮からほど近い場所にある同店で、オススメのたぬきうどんを注文。「ダシとめんと具材の三位一体が京うどん」と同店の三代目が説明し、出てきたのは刻んだ油揚げとネギの上にあんがかかった「たぬき」。利尻産天然昆布をはじめソウダガツオやサバ、ウルメイワシを使い、代々伝わる伝統の手法でダシをとり、水溶き片栗粉を入れうまみを閉じ込めることであんが完成する。うどんはあんにからみやすい自家製の細めんで、注文が入ってから15分ほどしっかりゆでるそう。めんの上に甘く炊いた油揚げと九条ネギを乗せ、あんをかけ、ショウガをトッピングする。

 たい平さんは「上品。深みがすごい。(汁を)飲む前から鼻やほっぺたなどすべてのところで楽しめる」と汁を絶賛。木久蔵さんも「どんどんダシの味が出てくる」と驚いた。めんについては「すごい深みがあり、モチモチ感がたまらない」とたい平さん。北川さんは「東京でも食べたい!」とコメントをした。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク
ニュースのお店を見る:京うどん・生蕎麦 おかきた (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:岡崎・平安神宮・南禅寺のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:岡崎・平安神宮・南禅寺×和食のお店一覧
「伊豆の踊り子」の舞台で生まれた新名物「わさび丼」 加山雄三も完食

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP