ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

2013年の国内タブレット出荷シェア、Appleが43.8%で首位を維持

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

国内の調査会社 IDC Japanは3月11日、2013年Q4(10月~12月)と2013年通年の国内におけるタブレット端末の出荷台数を発表しました。2013年Q4の状況2013年Q4のタブレットの出荷台数は前年同期比21.5%増の223万台でした。メーカー別シェアでは、Appleが38.6%でトップを維持。2位はASUS(15.4%)、3位はMicrosoft(11.0%)、4位は富士通(8.7%)、5位はLenovo(4.6%)という結果でした。Appleの場合はiPad Airの需要が個人・法人の両方で高いことが影響しました。ASUSはNexus 7の需要が出荷台数の増加に影響しました。今回初ランクインのMicrosoftは、特に法人からの需要が出荷台数増に影響し、今回3位にランクインしました。2013年通期の状況2013年のタブレットの出荷台数は前年比67.2%増の743万台と2012年に比べて大幅に増加しました。

メーカー別シェアでは、Appleが43.8%でトップを維持。2位はASUS(17.1%)、3位はMicrosoft(6.0%)、4位はAmazon(5.8%)、5位はSony(5.4%)という結果でした。3位以下は混戦の状況です。また、トップ5位にランクインした国内メーカーはSonyだけと、2013年の時点で国内メーカーの影がかなり薄くなっています。Source : IDC Japan



(juggly.cn)記事関連リンク
BlueStacksのAndroidゲーム機「GamePop」の出荷準備はほぼ完了しているらしい
Desire 816の中国での予約者数が早くも45万人を突破
インドの大手オンライン小売店「Flipkart」が自社ブランドのスマートフォンを発売するという噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。